大阪府池田市のウィン動物病院ホームページです。

去勢・避妊手術について

去勢・避妊手術について

去勢・避妊手術について

わんちゃん・ねこちゃんは、大切な家族の一員。そう考える飼い主さんにとって、わんちゃん・ねこちゃんの避妊・去勢の肯否は避けては通れない問題ですよね。

「子どもを産ませる気がないなら、避妊させた方がいいのでは?」「でも、健康な体にメスを入れるのはかわいそう」「避妊や去勢させていると、病気になりにくいってホント?」など、さまざまな思いや情報に混乱されている方も多いのではないでしょうか。

避妊・去勢手術で大切な家族のからだにメスを入れるのはかわいそう、“自然”のままに、子供を産み、育てさせてあげたいと、避妊・去勢手術をためらう人も少なくありません。

きっちりとメリット・デメリットを知った上での判断が必要となりますので、お悩みの方はまずは当院にご相談いただけたらと思います。

当院では、手術後入院する必要はございません。

去勢・避妊手術のタイミング

去勢・避妊手術のタイミング

去勢も避妊も、生後6〜10ヶ月が目安です。
犬・猫いずれも、初回発情前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発症を高い確率で予防できることがわかっています。

一度発情期を迎え、出産を経験した動物は、その後、周期的にくる発情期に苦しむことになるので、できれば、その前がいいという場合もあります。

手術の時期は飼い主様とお話しながら決めていきますので、お気軽にご相談ください。

▲ページトップへ

※年末年始・お盆・学会などの休診は事前にお知らせいたします。

お問合せ

交通アクセスページへ